みなさま、こんにちは!

今日は七夕ですね~。そうめん食べなきゃですね!

 

えー。今回は構造CADについて少しご紹介したいと思います。

 

設計部で作る間取り図や姿図をもとに、

おウチの骨組みを考えていきます。

01     02

 

 

柱や梁は1本ずつ丁寧に入力していきます。

03

04

ちなみにこの物件の場合、構造となる梁と柱は全部で865本!

そのうち1本でも無いと骨組みができあがらないので、

とても神経を使いますが、やりがいのある作業でもあります。

 

 

完成!

3Dでも表現できます。

05

・・・こう書くとなんだかあっという間ですね。(笑)

 

入力したデータをもとに、

今度は工場スタッフが木材を加工梱包して現場へ納品します。

 

 

実際の現場はこんな感じです。

06

完成がたのしみですね~。